All Posts By

masahiro_uehara

「県民クラシックコンサート2017」大盛況の内に終了

By | 2017年開催に関するお知らせ | No Comments

久高島&今帰仁村で開催された「県民クラシックコンサート2017」がお陰様で大盛況の内に終了いたしました。会場にお越しいただきました多くの皆様に御礼申し上げます。今回はゲストに新良 幸人さんを迎え、コンサートに華を添えてくれました。

久高島には、約200名の方がいらっしゃるそうですが、島外の方も含め150名近くのお客様がいらっしゃいました。今回は久高小中学校の中学生がボランティアスタッフとして公演を支えてくれました。公演の最初に「イザイホーのテーマ」(作曲:普久原 恒勇 編曲:新垣 雄)を献奏いたしました。指揮に挑戦コーナーでは、4名の方がオーケストラの指揮に挑戦してくださいました。学生時代に吹奏楽部だった方や歌手になる夢を持っている子、お手伝いしてくれていた中学生は仲間が見守っている中で堂々とした指揮でした。そして、外国の方も!最後にはスタンディングオベーションもいただいた久高島公演、お天気にも恵まれ、無事に終了いたしました。演奏者も笑顔でフェリーに乗り、帰路につきました。公演開催に際しご協力を賜りました西銘区長 様、南城市教育委員会 様、久高海運 様、会場をご提供いただきました久高小中学校 石川校長先生はじめ多くの皆様に御礼申し上げます。

桜が満開の今帰仁公演には約500名のお客様がいらしてくださいました。そして今帰仁中学校の生徒がボランティアスタッフとして、青年団の皆さんには、会場の椅子を並べ、駐車場誘導、のぼりを村の主要な場所に立ててくださったりと公演を支えて頂きました。指揮に挑戦コーナーでは、3名の方がオーケストラの指揮に挑戦してくださいました。また今回の公演では、地元の皆さんにコンサートに関わっていただきました。今帰仁村出身の平良 新助さんが作詞をした『ひやみかち節』を天底小学校金管バンド部、今帰仁中学校吹奏楽部、そして、今帰仁コーラス『たんぽぽ』の皆さんと、三線と唄で琉球古典音楽野村流保存会の平山 翼さんと琉球フィルで合同演奏を行い、迫力のある演奏に会場から大きな拍手を頂きました。素敵な歌声とそれぞれの地との深いご縁をトークで披露して会場のお客さま始めオーケストラのメンバーからスタッフまで全ての人たちのハートを鷲掴みにしたゲストの新良 幸人さん。公演後、『物凄く幸せな(公演前日のリハーサルからの)三日間でした。この幸せな時間がもうすぐ終わってしまうのか、と思うと(今帰仁村公演の)唄っている最中からグッと来てしまった、』と熱い想いを語ってくださいました。公演開催に際しご協力を賜りました今帰仁村教育委員会 様、会場をご提供いただきました今帰仁中学校 喜友名校長先生はじめ多くの皆様に御礼申し上げます。

関連記事

「県民クラシックコンサート2016」大盛況の内に終演!

By | 2016年開催時の様子 | No Comments

「県民クラシックコンサート2016」(主催:沖縄県、県民クラシックコンサート実行委員会)がお陰様をもちまして3公演とも大盛況の内に終了いたしました。お越し頂いた皆様から再演を望む声が多数寄せられ、とても嬉しく思っております。公演開催にご協力を賜りました地元教育委員会様はじめ多くの皆様に心より感謝申し上げます。

各公演の様子は「県民クラシックコンサート2016」facebookに詳しく紹介していますので、こちらをクリックして下さい。

 

 

与那原町公演写真

与那原11

比嘉祥人さんのハーモニカ演奏

与那原18

指揮に挑戦

与那原のヒーロー ファイタースリーからカワラ レッドが挑戦

与那原8与那原7

 

オーケストラ版で初演した「ザ ファイナルタイムトラベラー」の作曲者 坂本英城さんも駆けつけてくれました

与那原19

与那原中学校吹奏楽部との合同演奏

与那原9

 

大宜味村公演写真

開演5分前の合図は金管メンバー全員によるファンファーレ

大宜味5

県民クラシックコンサート実行委員会 会長の大城壮彦さんの挨拶

大宜味6

ナビゲーターとオーケストラ入門のナレーションは俳優の当山彰一さん

大宜味8大宜味7

指揮に挑戦

大宜味14大宜味15

大宜味村内小・中学校校歌メドレーを児童生徒そして会場の皆様の歌声で共演

大宜味16大宜味18大宜味17

4月から開校する大宜味小学校の校歌をアンコールで初披露。ソプラノ歌手の玻名城 律子さんも駆けつけてくれました

大宜味20

 

渡嘉敷村公演写真

渡嘉敷7

ゴムホーストランペットによる歌劇「アイーダ」より凱旋行進曲の演奏

渡嘉敷6

慶良間の古謡の主題によるヴァイオリンソナタ「クェーナ」の演奏。作曲者の源 啓祐さんも会場にいらしてくれました

渡嘉敷11渡嘉敷10

比嘉祥人さんによるハーモニカの解説

渡嘉敷13

指揮に挑戦(アンコール曲の「ラデッキー行進曲」も指揮してくれました)

渡嘉敷19

 

 

タイフーンfm「ヒトワク」出演

By | 2016年開催時の様子 | No Comments

諸見里杉子さんがパーソナリティーを務める、タイフーンfmの番組「ヒトワク」に出演しました。

「県民クラシックコンサート2016」の聴きどころや、ゲストのハーモニカ奏者比嘉 祥人さんのCDから「トレド」(ピアノ伴奏版)を紹介しました。

放送内容はポッドキャスティングで聴くことができます。 こちらをクリック

(「トレド」の演奏は本放送のみです)

ゲストの比嘉祥人さんご紹介

By | 2016年開催時の様子 | No Comments

県民クラシックコンサート2016のゲスト、クロマティック ハーモニカ奏者の比嘉祥人さんをご紹介します。

比嘉さんはBS-TBSの番組「世界人」でも紹介されました。こちらをクリック!

 

プロフィール・・・・

沖縄県浦添市出身。6 歳の頃より独学でハーモニカを吹き始める。小学校6 年生の頃、浦添市小中学生音楽祭オーディションに合格。2000年より世界的ハーモニカ奏者の和谷泰扶氏に師事。2004年、F.I.H.JAPAN ハーモニカコンテスト(年1回東京にて開催される国内最大のハーモニカコンテスト、クロマティック・ハーモニカ/クラシック部門、クロマティック・ハーモニカ/ジャズ&ポップス部門、複音ハーモニカ部門、アンサンブル部門、ブルース・ハープ部門等があり参加者数百名)において、初出場で第1 位及び総合グランプリ受賞。

2005年、ワールド・ハーモニカ・フェスティバル(4年に1度ドイツ・トロッシンゲンで開催され、ハーモニカの大会としては世界最高峰。参加総数は世界各地より数百名に及ぶ)において第2位受賞。1位とは、僅か0.2ポイント差での受賞。2006年、アジア・太平洋ハーモニカ大会(台湾)(2年に1度ごとにアジアの各地域持ち回りで開催され、参加者のほとんどがアジア地域から の参加)において第2位受賞。同年、北九州ハーモニカコンサートに出演。
2007年、日本ハーモニカ賞「奨励賞」を受賞。2011年、毎年東京で開催されている、上野の森コンサートに出演。2012年、沖縄県宜野座村のがらまんホールに於いて、初ソロ・リサイタルを開催。2013年、ワールド・ハーモニカ・フェスティバルにおいて第2位受賞。同年、久喜総合文化会館にてコンサートを行う。また、那覇市のパレット市民劇場での琉球フィルハーモニック ストリングスのコンサートにおいて、ゲスト出演。BS-TBSやRBCをはじめとするテレビ・ラジオ、新聞等のメディアにも多数出演。

「県民クラシックコンサート2015」公演終了いたしました!

By | 2015年開催時の様子 | No Comments

「県民クラシックコンサート2015」(2/26金武町公演、2/27読谷村公演、2/28久米島町公演)が大盛況のうちに終了いたしました。ご来場いただいた皆様、有難うございました!

本コンサートは県民の皆様へオーケストラをより身近に感じていただくことをコンセプトに開催しました。終演後、お帰りのお客さまが、受付を通られるときにわざわざ受付スタッフに歩み寄って『楽しいコンサートでした。ありがとう!』『また来てください!』『次のコンサートも、絶対聴きに行きます!』とのお言葉をかけてくださいました。スタッフ一同、感激いたしました。3会場に渡り、地元の方々との触れ合いも楽しいコンサートとなりました。

『県民クラシックコンサート2015』の開催にあたり、地元の教育委員会様はじめ多くの方々のご協力をいただき、オーケストラと会場のお客さまが一体感を感じることの出来た素晴らしいコンサートを創り上げる事が出来ましたこと、心からの感謝を申し上げます。

琉球フィルハーモニックチェンバーオーケストラ”イオ”は、これからもオーケストラを身近に感じて楽しんでいただけるコンサートを、開催してまいります。

 

金武町公演

DSC_9997-265

金武町少年少女合唱団&金武中学校吹奏楽部との共演

DSC_0092-287

読谷村公演 読谷中学校吹奏楽部&古堅中学校吹奏楽部との共演

DSC_0861-293

ゲストのヴォイスアンサンブルユニット おから さんの素晴らしい歌声

DSC_0573-167

3会場から7名の方が指揮に挑戦!

DSC_9876-211

読谷村のイメージキャラクター「よみとん」も指揮に挑戦!

DSC_0742-231

今回の公演で初演された「怪獣が出る金曜日・ラストテーマ」の作曲者 坂本英城さんが会場に駆けつけてくれました!

DSC_9659-120

久米島公演

DSC_1326-172

指揮者の松元さんとナビーゲーターの当山さんの楽しいトークを交えて

DSC_9830-181

ご来場いただいた皆様、有難うございました!

DSC_1305-161

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「怪獣が出る金曜日・ラストテーマ」作曲者 坂本英城さんからのメッセージ

By | 2015年開催時の様子 | No Comments

みなさまこんにちは。琉球フィル にてゲーム音楽ディレクターを担当させていただいております作曲家の坂本英城と申します。

今回は私の曲「怪獣が出る金曜日・ラストテーマ」の初演の機会をいただき大変嬉しく思っております。

この曲は古き良き昭和時代の東京都世田谷区を舞台とした、懐かしくも優しく、暖かなゲーム「怪獣が出る金曜日」(制作:レベルファイブ)のラストを飾る楽曲で、私自身も大変気に入っております。

ゲームの音楽というと電子音を想像される方も多いかと存じますが、この作品は今回のコンサートでの演奏とほぼ同じ人数の演奏家の手により巨大なスタジオで実際にレコーディングをしたものがゲームにも実装されています。

ゲームの音楽は大きな進化を遂げています。世界的にもいまもっとも注目を集めているジャンル、それがゲーム音楽です。

再生機器がテレビであろうとも、携帯ゲーム機やスマートフォンであろうとも、
ゲームの音楽において私がもっとも大切にしているのはメロディです。
もしお聴きいただけるみなさまの記憶に残ってくれるとすれば、とても嬉しく思います。  坂本英城

 

坂本英城プロフィール

東京都出身。サウンドクリエイター、サウンドプロデューサー。ゲームサウンドを中心に制作を行う株式会社ノイジークローク代表取締役。

代表作として『討鬼伝』、『タイムトラベラーズ』、『龍が如く2』、『無限回廊』、『勇者のくせになまいきだ。:3D』 、『428 〜封鎖された渋谷で〜』等、現在までの担当作品数は200作を超える。

ゲームコンポーザーばかりが出演するニコニコ生放送番組『おとや』、株式会社ノイジークロークが放送しているUstream番組『ノイズなやつら。』の発案・企画・制作・司会もおこなっている。

2011年5月には『無限回廊 光と影の箱』にて「世界一長いゲームミュージック(ゲーム用書き下ろし楽曲)」(1曲で75分07秒)の作曲家としてギネスワールドレコードに認定されている。

2012年3月17日、坂本英城が中心となって結成されたバンドTEKARUがデビュー。同日ファンタジー・ロック・フェス2012にてデビューライブをおこなう。同時にファーストアルバム『TEKARU TECHNICAL』をリリース。

2012年7月より琉球フィルハーモニック チェンバーオーケストラ“イオ”ゲーム音楽ディレクター/指揮者に就任。

2014年3月21~22日、浦添市てだこホールにて開催された『沖縄ゲームタクト2014』(琉球フィルハーモニック主催)の企画・制作・音楽監督を務め、ゲーム音楽作曲家、アーティストを含む20名以上を招致し、様々なゲーム音楽をオーケストラやバンドで演奏するコンサート等を実施。琉球フィルハーモニック チェンバーオーケストラ“イオ”と有志により構成された「ゲームタクトオーケストラ」、そして作曲をしたアーティスト自身も業界の垣根を超えて演奏・指揮・コーラス 等に加わる大規模かつ迫力のあるステージは大きな話題となった。

2014年7月、富山と新潟で行われたFantasy On Ice 2014にて、羽生結弦がサラ・オレインとのコラボレーションにより、坂本英城作編曲の「The Final Time Traveler」(『タイムトラベラーズ』)にて滑走、大きな話題となった。

2014年9月、「ファンとの交流を通じてゲーム音楽を文化に昇格させるための積極的取組み」が評価され、CEDEC AWARDS 2014のサウンド部門で最優秀賞を受賞。